好きなことがしたいなら音楽を学べる通信制高校に通ってみよう

好きなことをしたい

女子学生

プロから学ぶ

音楽が好きでたまらない人やミュージシャンを目指したい人なら、音楽専門の通信制高校で学ぶことがベストです。音楽専門の通信制高校では、業界の先進的なスキルやトレンドなどを現場で活躍しているプロから学ぶことができる魅力的な環境です。また実際にライブを行ったり先端の音響機器の操作を学んだり、曲作りのノウハウなどを身につけたりと実践的な指導を受けることができます。そして音楽の通信制高校では一人一人に、現役のプロが丁寧に教えてくれるので初心者でも安心です。そして大きなメリットはライブを開催できる会場や、レコーディングができるスタジオを使うことができることです。プロと同等の環境で音楽を学ぶことで、本物の技術や知識が身についてきます。

現場を体験

音楽の通信制高校を卒業して音楽関係の仕事につくには、歌手やギタリストだけでなくサウンドクリエイターやトラックメーカー、エンジニアなど様々な選択肢があります。授業の過程で色々な経験をしたり講師の説明を聞いたりしながら、自分の適した仕事を選択することができます。音楽の通信制高校の授業では、CDを作ってみたりライブを開催してみたり、曲を作ってアーティストに提供したりと実際の現場を体感していきます。音楽の通信制高校のカリキュラムは、声を出すための身体作りやトレーニングやDTMや録音機材の使い方などを指導してくれます。さらにライブの告知やフライヤーを作ったり、会場のセッティングと言った裏方の仕事も体験して全体の流れを覚えていきます。そして卒業後は高校卒業資格を取得することも可能です。

人間を様々な角度から学ぶ

大学生

人間総合科学大学の特徴は、通信制と通学制のコースが設置されており、さまざまな方の学びの場として活用されていることです。特に通信制は人気で、卒業しやすいと話題になっている大学です。しかし、学びの目的がしっかりしているか否かは、学習するうえで大きな影響を与えます。ぜひ、目的意識を持って入学しましょう。

Read More

専門的な勉強

女性

医学部への進学を考えるときに専門的な勉強をすることができる予備校は応用力を養うことができる場です。予備校によっては医学部受験の専門のコースを用意しているところも多くあるので、こうしたコースを利用すると合格に近づくことができます。

Read More

何を学ぶのかが重要になる

大学生

志望する大学の情報を得るためには、ホームページで研究室のことを調べてみるのがおすすめです。しかし、より情報を集めたいと考えている方はオープンキャンパスに参加してみましょう。オープンキャンパスでは過去問が配布されることがあります。

Read More